医大の学費

医師は医師として仕事ができるようになると年収1,000万円を超える高額な収入がある職業ではありますが、実は医師になるための学費投資も非常に高額です。しかも医学部の場合、他の学部より2年修学年数が長く、6年間の学業を必要とし、自宅から通える医大でない場合には、学費の他に生活費、20歳を超えれば国民年金だって納付する必要が出てきます。医師になるにはお金がかかるため、‘お医者さんはお金持ち’というものある意味、納得な部分があります。

医学部6年間にかかる学費は、国公立大学の医学部では約350万円、私立大学の場合にはその約6倍に当たる約2,250万円が必要と言われています。私立大学の場合、2,000万円台はまだまだ低額な方で中には純粋に医学部の学費6年間で3,000万円、4,000万円かかるところもあります。またストレートで医学部に合格できず、予備校に通うことになれば年間100万円単位の授業料がかかり、さらに小学校・中学・高校も私立の場合には医学部入学以前にすでに1,000万円以上の学費が費やされているのです。

しかしながらお金持ちだけが医学部に進学し、医師になれるというわけではありません。大学の教科書しかも医学の専門書となれば1冊数万円の書籍代、一人暮らしをすればその生活費、とある程度の学費にプラスにした投資が必要になるにしても、国公立大学は6年間で約350万円と一般サラリーマンがマネッジできない額ではありません。さらに自治医科大学、産業医科大学、防衛医科大学校は卒業後に指定・限定された勤務地で働くことになりますが、基本的に学費は無料・貸与のかたちをとっているため学費をかけずに医師になることができます。

学ぶことに学費がかかるとはいえ、向学の意を尊重するためには奨学金制度があります。特に社会貢献度が高く、高度な技能を必要とする医師を目指す学生には様々な奨学金制度があるため、高い学費が原因で志をあきらめるのではなく、その志をいかに叶えるかを考えた方がベターでしょう。さらに高い学力を持ちさえすれば、比較的学費が低額な国公立大学を目指すことができ、奨学金を得る場合にも優位に働きます。学費の計算や心配をするよりも学業に邁進することが先決でしょう。

ただ「医師」と「学び」と「コスト」は生涯切り離すことはできません。医師という職業は病気やケガを治すスペシャリストとして、その知識やスキルを自己研鑽していくことが生涯求められます。そのため医師の多くは学会費用、医学雑誌や専門書籍、論文取り寄せなど、向学のために百万円単位で自己投資する医師も少なくないそうです。

[必見]心療内科の求人特集

Copyright (C) 2007-2014 社会人から医師を目指す. All Rights Reserved.